DEATH STRANDING』は、才能あふれるアーティストたちが生み出す素晴らしい楽曲によってゲーム全体に統一感がもたらされています。DEATH STRANDING』というタイトルがつけられたこの楽曲は、グラスゴー出身のエレクトロポップ・トリオ「CHVRCHES(チャーチズ)」によって手掛けられましたこのゲームのために書き下ろされたこの楽曲は『DEATH STRANDING』の世界観と完全に一致しています

楽曲『DEATH STRANDING』はストリーミング配信され、世界中で広く聴かれるようになりました。さらに、コジマプロダクションの設立5周年を記念して制作された動画では、ファンの皆様に感謝の気持ちを伝えるシーンの楽曲としても使用されました。

ここでは才能豊かなこのポップ・トリオが小島秀夫監督の作品をいかに表現したか、インタビューを通じて詳しく紹介していきます。

Q&A:

東京のスタジオで小島監督に会った時のお気持ちを聞かせてください。

初めて小島監督にお会いできた日は、私たちにとって一生忘れられない日になりました。彼のチームの皆さんからも非常に親切にしていただいたので、すぐに緊張が解けリラックスできました。もともと小島監督の作品の大ファンだったので、オフィスや貴重なコレクションを拝見できたのはとても嬉しかったですね。数えきれないほどの素晴らしいアート作品をずっと見ていたかったくらいです。 実際に開発中の『DEATH STRANDING』を拝見できたことは、私にとってその日のハイライトでした。小島監督はゲームをプレーしながら1時間半ほど話してくださり、このゲームの素晴らしさやユニークさを改めて実感しました。トレイラーやスクリーンショットは以前に見たことがあったのですが、コンセプトやクオリティは今まで見たことのない唯一無二のものでしたね。

ご自身の楽曲がゲームのエンディング曲として登場した時は、どんな気持ちでしたか?

本当に光栄に思いました。この楽曲は小島監督が実際にゲームをされている様子を見てから書き下ろしたので、楽曲の中にゲームの雰囲気や感情を反映させることを最も重要視しました。簡単ではなかったですが、小島監督が初めて楽曲を耳にしたときに涙を流されたと聞き、ふさわしい楽曲を作り上げられたことを実感し、嬉しく思いました。

ゲームと楽曲はどのような関係性を持っていると思いますか?

この楽曲はとても感動的で、歌詞はゆったりとした世界に引き込まれるような内容になっています。ゲームの構想やキャラクターに関係する直接的な言及はありませんが、深い意味で『DEATH STRANDING』の世界を表しています。ゲームに自然に溶け込む楽曲でありながらも、ある程度の独立性を持った楽曲に仕上がっています。

楽曲『DEATH STRANDING』でお気に入りの歌詞はありますか?

What will become of us all at the end of love((愛の果て 僕たちはどこに辿り着くのだろう?)」ですね。この歌詞は、小島監督がゲームのストーリーを通じて最も伝えたかったことだと思うからです。現代世界では人間同士はしっかりと結びついているように見えますが、そこにお互いに対する愛情や感情が欠乏していることをこのゲームの世界は教えてくれているのです。

DEATH STRANDING』をプレーして、どの場面が好きでしたか?

BTに遭遇した時は興奮しましたね。周辺環境をスキャンして近くに彼らを発見した瞬間は、とても緊張しました。捕まってタールに引きずり込まれるシーンはこの世のものとは思えないほどクールでしたし、BTの臍帯を切断する能力についても非常に興味深いものでした。殺風景でありながらも美しい景観とは対照的に、BTは不気味でおぞましい敵でしたね。

DEATH STRANDING』の中でお気に入りのキャラクターは誰ですか?

ハートマンが個人的には一番面白いキャラクターだと思っています。意図的に心拍を停止させ、その後AEDにより息を吹き返すというアイディアはとても斬新でした。そこまで苦戦しながらも雪山の頂を目指して登っていくシーンは大好きです。また、ニコラス・ウィンディング・レフンが演じている点もとても気に入りました。

コジマプロダクション設立5周年を記念して公開された動画* をご覧になりましたか?これはコミュニティの皆様に感謝の気持ちを伝える内容でしたが、ご覧になってどう感じましたか?

*コジマプロダクション設立5周年動画:https://youtu.be/UypKp5Mp9_s

動画内で私たちの楽曲が使われていて本当に感動しました。小島監督が作り上げたゲームとその世界観が多くの人々を虜にしたのは、当然のことだと思います。小島監督に『DEATH STRANDING』のプレイを見せてもらった時から、このゲームは最初から特別な存在だったことがわかりました。

ゲーム業界での将来的展望を教えてください。

今のところまだ予定は決まっていませんが、この世界の様々なアーティストたちと、壮大な想像力とビジョンを持って仕事ができることを楽しみにしています。

最新アルバム『Screen Violence』はどのようなきっかけで制作されましたか?

実はライティングやレコーディングをスタートする前にアルバム名を決めたのは、これが初めてでした。これは2011年初頭にバンド名の候補に挙がっていた名前で、最終的には「CHVRCHES (チャーチズ)」を選んだのですが、いつもScreen Violence(スクリーン上の暴力)をテーマにした楽曲を作りたいと思っていたのです。たまたま2020年の初めにこれがアルバム名にぴったりだとローレンが気づき、新しい楽曲へ向けたクリエイティブな出発点にしようと提案したのです。音楽的にも歌詞的にも幼少期に見たカルト・ムービーを思い出して懐かしくなるような内容になっていて、アルバム全体に一貫性のようなものを持たせることができました。

アルバムにはロバート・スミス(ザ・キュアー)が参加されていますね。How Not To Drownの収録はいかがでしたか?

ロバート・スミスは私たちにとって最高のミュージシャンです。ソングライターやプロデューサーとして活動する上でザ・キュアーからは大きな影響を受けていたので、ロバートと一緒に仕事ができるとわかった時は、夢のような気持ちになりました。すべての作業はメール上で行いました。まず私たちからコンタクトを取り、制作中の楽曲をたくさん送ってコラボレーションできないか確認を取ったところ、彼からHow Not To Drownという楽曲に魅了されたので協力したいと返信が来たのです。彼からデモが送られてきた時は感動して鳥肌が立ちましたね。彼の声、そして伝説のフェンダー・ベースVI で私たちの楽曲を演奏してくれたのですから。こんな幸運が訪れるなんて誰も予期していませんでした。

PS5向けDEATH STRANDING DIRECTOR’S CUT」のご購入はこちらから http://store.playstation.com/concept/234585

一覧に戻る
年齢認証が必要です

こちらのサイトは年齢の認証が必要です。続けるためには誕生日を入力ください。

利用規約に同意します

エラーです こちらのサイトを閲覧することができません